山口医療画像研究センター 山口医療画像研究センター
山口医療画像研究センター サイトマップ 個人情報保護方針
山口県宇部市 東小串1‐1‐36 宇部メディカルクリエイティブセンター(MCC)内 TEL:0836-37-1281
TOP > 遠隔画像コンサルティングサービスとは > サービスの特徴
山口医療画像研究センターの概要
遠隔画像コンサルティングサービスとは
遠隔画像コンサルティングサービスとは
サービスの特徴
<その1>地域格差を埋める広範囲なサービスエリア
<その2>万全のセキュリティ
<その3>山口大学医学部放射線科との連携
<その4>低コストでスピーディーな医療サービスを実現
<その5>デジタルデータによる保管業務の効率化と管理コストの削減
サービス導入事例
患者様へ
医療機関様へ

契約医療機関様のご紹介
お問合せ
リンク

サービスの特徴
←前へ 次へ→
その2.万全のセキュリティ
高速でありセキュリティや通信品質が高いIP-VPN網を使用したセキュリティの高い高速通信を提供します。
山口医療画像研究センターは宇部メディカルクリエイティブセンター内にあり、入館・入室の際には電子錠が使用されています。
また、センター内の端末の使用においては、使用履歴が収集され、施錠・退室の際にはセキュリティ監視下に置かれます。
山口医療画像研究センターと医療機関の間は、他のネットワークとは独立した独自のIP-VPN網で接続され、セキュリティの高い高速通信を低コストで実現しています。医療機関様のご都合に合わせて、NTTの光・ADSLとエネルギア・コミュニケーションズの光・ADSLを選択していただくことができます。
ネットワークイメージ図
<ネットワークイメージ図>
  • 山口医療画像読影センターまでのアクセス回線として、エネルギアコムのMEGAEGG回線(ファイバー、ADSL)、NTT西日本のフレッツ回線(Bフレッツ・ファミリー、ADSL)のなかからご要望に合ったものが選択可能です。(※1)
  • ネットワーク内は、インターネットとルーティングにより隔離されており、データの送受信は暗号化することによって、高度なセキュリティを確保しております。
  • ネットワークからVPNルータまで一括保守管理を行います。
(※1)通信事業者の提供エリアにより回線サービスの選択に制限が発生する場合があります。
IP-VPNとは
通信事業者の保有する広域IP通信網を経由して構築される仮想私設通信網(VPN)。IP-VPNを経由することによって、遠隔地のネットワーク同士をLANで接続しているのと同じように運用することができます。また、インターネットを介さないIP-VPNは、セキュリティや通信品質を向上させることが可能です。
←前へ 次へ→
このページの先頭へ
Copyright(c) 2006 Institute of Bio-Medical and Welfare Engineering, allrights reserved.
TOP サイトマップ 個人情報保護方針 医療福祉工学研究所